HOME > 矯正治療について > 矯正装置について

矯正装置について

目立たない矯正装置

以前は矯正装置は目立つ銀色のものしかありませんでしたが、現在は目立ちにくい白いブラケット装置をお選びいただくことができます。金属ブラケットよりも費用が5〜8万円アップしますが、目立たない装置を希望される方が多く、殆どの患者様がこの審美ブラケットを使用されています。

透明ブラケット

また現在は、このマルチブラケット治療以外にも様々な矯正装置がありますが、患者さんのご要望をよくお聞きしたうえで有効と判断した場合には対応しております。

▲ページトップへ

マルチブラケット法

「マルチブラケット法」とは、歯の表側にブラケット(ボタン状の器具)をつけ、ワイヤーを通して力をかけることで歯を動かす方法です。現在、最も広く一般的におこなわれている矯正治療法です。
ワイヤーの調整の仕方によって歯の動きに違いがあり、当院では「スタンダードエッジワイズ法」と呼ばれる、患者さんひとりひとりの歯の形状に合わせて医師がワイヤーを屈曲する方式で治療をおこなっています。既製品のアーチワイヤーを使う方法(ストレートエッジワイズ法)よりも、より確実に綺麗に仕上げることができます。

スタンダードエッジワイズ法
スタンダードエッジワイズ法(当院)

ストレートエッジワイズ法
ストレートエッジワイズ法

このマルチブラケット法が一番効率よく確実に歯を移動させることができますので、まずはこの方法をお薦めしております。しかし患者さんによって要望やご事情があると思います。仕事などの関係で外から見えないような治療を望まれる方など、ご希望がある場合にはまずご相談ください。できる限りご要望に沿う方法で治療をおこなっております。

▲ページトップへ

その他の矯正装置

裏側矯正(舌側矯正)

歯の裏側にブラケットをつける方法です。外側からは殆ど見えずに治療をおこなうことができます。
デメリットとしては、口腔内の違和感が強い、表側よりも治療期間が長くなる、などがありますので、十分なご説明をしたうえで選択いただきます。

マウスピース矯正(インビジブル アプライアンス)

透明のマウスピースを歯に被せて治療をおこなう方法です。目立たずに治療をおこなうことができますが、歯のデコボコが軽度なケースの適用となります。取り外し可能な装置のため患者さんの協力が必須となり、十分なご理解をしていただいたうえで対応しております。

インプラント矯正

歯を動かすための支柱としてインプラントアンカー(金属製のネジ)を顎骨に埋入し、そこにワイヤーをかけて歯を移動させる方法です。歯の移動を早めるためや、難症例で使用する場合があります。

デーモンシステム

デーモンシステムはローフリクション装置の一種で、歯に装着するブラケットとワイヤーの摩擦が少ないことが特徴です。通常のブラケット装置はワイヤーを結紮して固定しますが、デーモンシステムではブラケットのスロットにワイヤーを通して自由に動くようにすることで摩擦を少なくすることで、痛みを少なくしたり効率的に歯を動かすことができる、などのメリットがあります。

床矯正

床(しょう)という入れ歯のような装置を装着することで歯列を移動してゆく装置です。成長期のお子さんの歯列の幅を拡大する場合などに使用します。この装置だけで歯並びが整うわけではなく、他の装置と併用して治療をおこなう使い方が主となります。

▲ページトップへ