HOME > 矯正治療について > 治療の開始時期

治療の開始時期

診察室

お子さんの歯並びが気になるとき、親御さんはいつ治療を開始したらよいか迷われると思います。学校の歯科検診で、歯並びの項目にチェックがついた紙を持ち帰られた方も多いでしょう。

矯正は、永久歯が生え揃ってから治療を始める場合もありますが、症例によってはもっと早く、乳歯と混在する時期から治療を始めることでより良い治療ができる場合もあります。

ですので、気になった時点で一度ご相談にいらして頂くことをお薦めします。すぐに治療を開始するとは限りませんが、その場合も今後の治療計画をご説明しますので、安心して治療開始を待っていただけると思います。
まず、お子さんに最適な治療開始時期と治療方法をご説明しますので、お気軽にご相談ください。

▲ページトップへ

1期治療と2期治療

お子さんの矯正治療は、成長段階により1期治療と2期治療に分けられます。乳歯と永久歯の混在期におこなう1期治療と、永久歯が生え揃った後の2期治療には、それぞれ次のような特徴があります。

1期治療

乳歯から永久歯に生え変わる時期(おおむね6歳〜12歳くらい)におこなう矯正治療です。この時期は顎の骨も成長する時期ですので、顎の位置や発達をコントロールしながら歯並びを治すことが可能です。
そのため、非抜歯で治療が可能になるケースもあります。

抜歯と非抜歯

2期治療

すべての歯が永久歯に生え変わった後(おおむね12歳〜)におこなう矯正治療です。1期治療が有効でないケースでは、2期治療まで待ってまとめて治療をおこなう場合もあります。

治療の流れ

▲ページトップへ

治療のパターン

お子さんの症例によって、治療パターンは次の3つがあります。

1期治療だけで治療が終了する場合

比較的軽度の症例では、1期治療だけですべての治療が終了し、永久歯列期での治療が不要になる場合もあります。

1期治療をおこなった後に、2期治療をおこなう場合

多くのケースでは1期治療の後に2期治療をおこなって仕上げをしますが、1期治療をおこなっていることで、2期治療が容易にできたり、また短期間で終わらせることができます。

1期治療はおこなわず、2期治療でまとめておこなう場合

1期治療が有効ではないと判断される症例では、1期治療はおこなわず、2期治療でまとめておこないます。
無用な治療をすることは良いとはいえませんので、患者さんの負担ができるだけ少なくなる時期に治療をおこないます。治療開始を待つ間は、定期的に経過観察をすることが大切です。

お子さんの症例が上記のどれに当てはまるかは、検査をしたうえで詳しくご説明します。長年の治療経験から、様々な症例ごとの最適な治療時期・治療方法を見極めて治療をいたしますので、疑問点などは、何でもご遠慮なくお尋ねください。

▲ページトップへ