HOME > 矯正治療例のご紹介 > 子供の治療例

子供の治療例

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)治療前 右側  出っ歯(上顎前突)治療後 正面

出っ歯(上顎前突)治療前 右側  出っ歯(上顎前突)治療後 正面
治療前          治療後

出っ歯は、上あごの発育が大き過ぎたり下あごの発育が小さすぎたりするために生じる症状です。幼児期の指しゃぶりが原因になることもあります。

▲ページトップへ

受け口(下顎前突、反対咬合)

受け口(下顎前突、反対咬合)治療前 正面  受け口(下顎前突、反対咬合)治療後 正面

受け口(下顎前突、反対咬合)治療前 右側  受け口(下顎前突、反対咬合)治療後 右側
治療前               治療後

受け口は、上下のかみ合わせが逆になってしまう症状で、一般に下あごが大きすぎたり上あごが小さすぎたりするために生じます。

▲ページトップへ

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)治療前 正面  叢生(そうせい)治療後 正面
治療前               治療後

叢生(そうせい)は、歯が大きすぎたり顎が小さすぎて、歯と顎の大きさの調和がとれないために歯が捻じれたり、重なり合ったりするもので八重歯はその典型です。

▲ページトップへ

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)治療前 正面  開咬(かいこう)治療中 正面

開咬(かいこう)治療前 右側  開咬(かいこう)治療中 右側
治療前               治療中

開咬とは、一部の歯が開いたまま咬み合わせることができず、麺類が咬み切れないような症状です。指しゃぶりや舌の突き出し癖、顎の骨の発育方向の不調和などによって起こります。

▲ページトップへ

一期治療と二期治療で別の症状を治療した例

一期治療と二期治療で症状が違うこともあります

混合歯列期(乳歯と永久歯が混ざっている時期)の症状と永久歯列期に違う症状が出る場合もあります。ここでは一期治療において受け口を治療、二期治療で叢生を治療した例をご紹介します。

一期治療

一期治療

一期治療の時点でこの患者様の症状はあごの前後の関係が不良である、受け口でした。

一期治療

一期治療により受け口の症状は改善されました。

一期治療

丸印の部分もこの段階では大きな問題はありません。

二期治療

二期治療

経過観察の結果、乳歯と永久歯のはえかわりが終了した時点で通常の叢生の不正咬合になった為、二期治療を開始しました。

二期治療

上の歯に被われている下の前歯は凸凹になっています。

二期治療

一期治療から適切な治療、観察を行った為、二期治療は金具をつけている期間が12ヶ月で終了しました。
尚、一期治療の金具は4ヶ月間、上の歯列のみでした。

二期治療

凸凹状態の不正咬合もこの段階で、改善されています。

▲ページトップへ