HOME > 矯正治療例のご紹介 > 子供の治療例

子供の治療例

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)治療前 右側  出っ歯(上顎前突)治療後 正面

出っ歯(上顎前突)治療前 右側  出っ歯(上顎前突)治療後 正面
治療前                治療後

出っ歯は、上あごの発育が大き過ぎたり下あごの発育が小さすぎたりするために生じる症状です。幼児期の指しゃぶりが原因になることもあります。

■本症例の治療概要
概要は症例により異なります。下記は一例として参考にしてください。

主訴 出ている前歯を治したい
診断名あるいは主な症状 上顎前突症
初診時年齢 8歳8ヵ月
治療に用いた主な装置 マルチブラケット装置、機能的矯正装置(可搬性)
抜歯部位 非抜歯
治療期間 ブラケット装置 6ヵ月
機能的矯正装置 3年1ヵ月
保定期間 2年程度
治療費の総額(税別)
※自費診療
1期 35万円〜50万円
2期 50万円〜70万円
※標準的な治療費の総額です。症状・使用する装置等により異なりますので、診断時に詳しくご説明いたします。
副作用・リスク 治療後わずかに歯根の吸収が起こる場合があります。
ブラケットを装着する治療の場合、歯磨きしにくい部分ができるためむし歯や歯周病になるリスクが高くなります。当院では歯磨き指導や口腔内清掃を行い、リスクの軽減に努めています。

▲ページトップへ

受け口(下顎前突、反対咬合)

受け口(下顎前突、反対咬合)治療前 正面  受け口(下顎前突、反対咬合)治療後 正面

受け口(下顎前突、反対咬合)治療前 右側  受け口(下顎前突、反対咬合)治療後 右側
治療前               治療後

受け口は、上下のかみ合わせが逆になってしまう症状で、一般に下あごが大きすぎたり上あごが小さすぎたりするために生じます。

■本症例の治療概要
概要は症例により異なります。下記は一例として参考にしてください。

主訴 受け口を治したい
診断名あるいは主な症状 前歯部反対咬合
初診時年齢 5歳2ヵ月
治療に用いた主な装置 チンキャップ装置、舌側弧線装置、マルチブラケット装置
抜歯部位 非抜歯
治療期間 動的治療 3年
保定期間 2年程度
治療費の総額(税別)
※自費診療
1期 35万円〜50万円
2期 50万円〜70万円
※標準的な治療費の総額です。症状・使用する装置等により異なりますので、診断時に詳しくご説明いたします。
副作用・リスク 治療後わずかに歯根の吸収が起こる場合があります。
ブラケットを装着する治療の場合、歯磨きしにくい部分ができるためむし歯や歯周病になるリスクが高くなります。当院では歯磨き指導や口腔内清掃を行い、リスクの軽減に努めています。

▲ページトップへ

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)治療前 正面  叢生(そうせい)治療後 正面

叢生(そうせい)治療前 側面  叢生(そうせい)治療後 側面
治療前               治療後

叢生(そうせい)は、歯が大きすぎたり顎が小さすぎて、歯と顎の大きさの調和がとれないために歯が捻じれたり、重なり合ったりするもので八重歯はその典型です。

■本症例の治療概要
概要は症例により異なります。下記は一例として参考にしてください。

主訴 歯のでこぼこを治したい
診断名あるいは主な症状 前歯部叢生
初診時年齢 9歳1ヵ月
治療に用いた主な装置 マルチブラケット装置
抜歯部位 非抜歯
治療期間 動的治療 5ヵ月
保定期間 2年程度
治療費の総額(税別)
※自費診療
1期 35万円〜50万円
2期 50万円〜70万円
※標準的な治療費の総額です。症状・使用する装置等により異なりますので、診断時に詳しくご説明いたします。
副作用・リスク 治療後わずかに歯根の吸収が起こる場合があります。
ブラケットを装着する治療の場合、歯磨きしにくい部分ができるためむし歯や歯周病になるリスクが高くなります。当院では歯磨き指導や口腔内清掃を行い、リスクの軽減に努めています。

▲ページトップへ

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)治療前 正面  開咬(かいこう)治療中 正面

開咬(かいこう)治療前 右側  開咬(かいこう)治療中 右側
治療前               治療後

開咬とは、一部の歯が開いたまま咬み合わせることができず、麺類が咬み切れないような症状です。指しゃぶりや舌の突き出し癖、顎の骨の発育方向の不調和などによって起こります。

■本症例の治療概要
概要は症例により異なります。下記は一例として参考にしてください。

主訴 前歯でものが咬めない
診断名あるいは主な症状 前歯部開咬
初診時年齢 20歳2ヵ月
治療に用いた主な装置 マルチブラケット装置
抜歯部位 下顎左右第2大臼歯
治療期間 動的治療 2年1ヵ月
保定期間 2年程度
治療費の総額(税別)
※自費診療
1期 35万円〜50万円
2期 50万円〜70万円
※標準的な治療費の総額です。症状・使用する装置等により異なりますので、診断時に詳しくご説明いたします。
副作用・リスク 治療後わずかに歯根の吸収が起こる場合があります。
ブラケットを装着する治療の場合、歯磨きしにくい部分ができるためむし歯や歯周病になるリスクが高くなります。当院では歯磨き指導や口腔内清掃を行い、リスクの軽減に努めています。

▲ページトップへ

一期治療と二期治療で別の症状を治療した例

一期治療と二期治療で症状が違うこともあります

混合歯列期(乳歯と永久歯が混ざっている時期)の症状と永久歯列期に違う症状が出る場合もあります。ここでは一期治療において受け口を治療、二期治療で叢生を治療した例をご紹介します。

一期治療

一期治療

一期治療の時点でこの患者様の症状はあごの前後の関係が不良である、受け口でした。

一期治療

一期治療により受け口の症状は改善されました。

一期治療

丸印の部分もこの段階では大きな問題はありません。

二期治療

二期治療

経過観察の結果、乳歯と永久歯のはえかわりが終了した時点で通常の叢生の不正咬合になった為、二期治療を開始しました。

二期治療

上の歯に被われている下の前歯は凸凹になっています。

二期治療

一期治療から適切な治療、観察を行った為、二期治療は金具をつけている期間が12ヶ月で終了しました。
尚、一期治療の金具は4ヶ月間、上の歯列のみでした。

二期治療

凸凹状態の不正咬合もこの段階で、改善されています。

■本症例の治療概要
概要は症例により異なります。下記は一例として参考にしてください。

一期治療

主訴 受け口を治したい
診断名あるいは主な症状 前歯部反対咬合
初診時年齢 11歳6ヶ月
治療に用いた主な装置 チンキャップ装置、マルチブラケット装置
抜歯部位 なし
治療期間 動的治療 4ヵ月
保定期間 2年程度

二期治療

主訴 でこぼこの歯並びを治したい
診断名あるいは主な症状 叢生
初診時年齢 13歳8ヵ月
治療に用いた主な装置 マルチブラケット装置
抜歯部位 上下顎第2小臼歯
治療期間 動的治療 12ヵ月
保定期間 2年程度

一期および二期の治療について

治療費の総額(税別)
※自費診療
1期 35万円〜50万円
2期 50万円〜70万円
※標準的な治療費の総額です。症状・使用する装置等により異なりますので、診断時に詳しくご説明いたします。
副作用・リスク 治療後わずかに歯根の吸収が起こる場合があります。
ブラケットを装着する治療の場合、歯磨きしにくい部分ができるためむし歯や歯周病になるリスクが高くなります。当院では歯磨き指導や口腔内清掃を行い、リスクの軽減に努めています。

▲ページトップへ