HOME > 矯正治療について > 抜歯・非抜歯

抜歯・非抜歯

抜歯について(永久歯列の場合)

診察風景

矯正治療のためとはいえ、きれいで健康な歯を抜歯することには躊躇される方が多いと思います。私たち医師も、抜かなくてよい歯を抜くようなことは決してしません。抜かなくても矯正がおこなえるケースでは、もちろん抜かずに治療をおこないます。

しかし患者さんの歯や顎の状態によっては、歯並びとかみ合わせを整えるにあたって歯の大きさに比べて顎が小さすぎることがあり、その場合は抜歯をしなければなりません。

抜歯が必要かどうかは、実際にお口の中を診てみないと確実なことはいえません。歯を並べるために不足している顎のスペースがわずかであれば抜歯せずに治療できることもありますが、不足するスペースが大きい場合には、抜歯をしてスペースを作り、そのスペースを使って綺麗に並べることになります。

そういったケースで無理に非抜歯で治療をおこなうと、スペースがないところに無理に歯を並べたために、歯が前に出て口元が突出したようになったり、噛み合せが悪くなったり、という悪い結果を招くことがあります。
歯自体は真っすぐに並んでいても、出っ歯のようになって顔貌が悪くなったのでは意味がありません。

また、非抜歯で治療をしているが、いつまでたっても終わらない、といったケースでご相談に来る方もあります。
当院では、今までの多くの治療経験から、患者さんの症例が抜歯と非抜歯のどちらの治療が適するかを判断し、しっかりとご説明いたします。無用な抜歯は決してしませんが、抜歯しなければ綺麗に治らない場合には抜歯治療をお薦めします。不安や疑問に思うことがあれば、何でもご質問ください。すべての患者様に納得して治療を始めてもらえるよう、しっかり話し合いの場を持ちます。

抜歯による矯正治療の効果

後日掲載

▲ページトップへ

抜歯について(お子さんの場合)

お子さんの矯正治療の場合は、乳歯と永久歯が混在している時期の治療(第 1 期治療)を行うことで、非抜歯での治療が可能になることがあります。
成長期のお子さんは顎の骨も成長途上にありますので、顎の成長に合わせて治療を行うことで、本来の顎の成長を促し永久歯が生え揃うスペースを確保することができるためです。
非抜歯での治療が可能か、抜歯が必要かは症例により異なりますので、お子さんの歯並びが気になった時点で一度ご相談にお越しください。適切な治療開始時期や、抜歯・非抜歯についてなど詳しくご説明させていただきます。

子供の矯正
治療の開始時期

▲ページトップへ