抜歯と非抜歯

矯正治療のために、健康な歯を抜くことに抵抗のある方は多いと思います。医師にとっても思いは同じですので、できるだけ歯を抜かずに治療を行います。
しかし症例によっては、どうしても抜歯しなければならない場合もありますので、その際は治療計画を詳しくご説明したうえで抜歯治療をお薦めしております。

抜歯が必要なケース

歯並びが悪い原因の主なものは、顎の歯の大きさに比べて顎が小さすぎることです。
歯がきちんと並ぶための顎のスペースが不足しているために、重なり合ってデコボコに生えているのです。
不足するスペースが僅かであれば抜歯せずに治療できることもありますが、大幅に不足する場合には、抜歯をしてスペースを作り、そのスペースを使って綺麗に並べることになります。

無理に非抜歯で治療を行うと…

非抜歯矯正に適さない症例で無理に非抜歯で治療を行うと、大幅に歯列を拡大しなければならず歯が前に出て口元が突出したり、噛み合せが悪くなったり、という悪い結果を招くことがあります。歯が一列に並んでも、お顔立ちが悪くなったのでは意味がありません。
また、非抜歯で治療をしているが、いつまでたっても終わらない、といってご相談に来る方もあります。

当院では、多くの治療経験から、患者さんの症例が抜歯・非抜歯どちらの治療が適するかを判断し、しっかりとご説明いたします。無用な抜歯は決してしませんが、抜歯をしなければ良い治療結果にならない場合には抜歯治療をお薦めします。

子供の矯正で、非抜歯の可能性が高まります

お子さんの場合は、早期に治療を開始することで非抜歯で治療できる可能性が高まります。

成長期のお子さんは顎の骨も発育途上にありますので、乳歯と永久歯が混在する時期から顎の成長をコントロールしながら治療を行うことで、本来の顎の成長を促し永久歯が生え揃うスペースを確保することができるためです。

ただし症例によっては抜歯が必要な場合もあり、非抜歯治療が可能か否かは診察をしたうえでの診断となります。
お子さんが最適な時期に治療を開始できるよう、歯並びが気になった時点でどうぞ一度ご相談にお越しください。

子供の治療開始時期について
詳しくはこちら

子供の矯正
042-460-8421 HOME

天野矯正歯科

パソコン版はこちら

東京都西東京市富士町4-13-25 シーリン東伏見2F

プライバシーポリシー