子供の矯正

子供の治療の開始時期

お子さんの歯並びが気になる、学校の検診で歯並びを指摘された、という場合、いつ矯正治療を開始すればよいか悩まれ方が多いと思います。

矯正は永久歯が生え揃ってからでもできますが、早い時期に開始することでより良い治療結果が得られたり、非抜歯で治療できる場合があります。
診察をしたうえで、最適な治療の開始時期を詳しくご説明しますので、気になった時点で一度ご相談にいらしてください。

1期治療と2期治療

お子さんの矯正治療は、時期により1期治療と2期治療に分けられます。

1期治療と2期治療

1期治療

乳歯と永久歯が混在する時期(混合歯列期)の治療を「1期治療」といいます。身体の成長期にあたり、顎の発育をコントロールしながら治療を行うことができるため、非抜歯治療の可能性が高まります。
1期治療だけで終了するケースもありますが、多くは最終的な歯並びの調整は2期治療で行います。

2期治療

永久歯が生え揃った後の治療を「2期治療」といいます。1期治療を行っている場合では、最終的な歯並びの調整を行いますが、1期治療を行っている分2期治療の負担は軽くなります。
症例によっては、1期治療は行わずに、永久歯が生え揃うまで待って2期治療でまとめて行う場合もあります。

子供の矯正治療例

出っ歯(上顎前突)

上顎の発育が大き過ぎたり下顎の発育が小さすぎたりするために生じる症状です。幼児期の指しゃぶりが原因になることもあります。

治療前

出っ歯(上顎前突) 治療前
↓

治療後

出っ歯(上顎前突) 治療後

受け口(下顎前突、反対咬合)

上下の咬み合わせが逆になる症状で、下顎が大きすぎたり上顎が小さすぎたりするために生じます。

治療前

受け口(下顎前突、反対咬合) 治療前
↓

治療後

受け口(下顎前突、反対咬合) 治療後

叢生(そうせい)

歯の大きさに較べて顎の大きさが不足しているために、歯が捻じれたり重なり合ったりする症状で、八重歯はその典型です。

治療前

叢生(そうせい) 治療前
↓

治療後

叢生(そうせい) 治療後

開咬(かいこう)

一部の歯が開いたまま咬み合わせることができず、麺類が咬み切れないような症状です。幼児期の指しゃぶりや舌を突き出す癖、顎骨の発育の不調和などによって起こります。

治療前

開咬(かいこう) 治療前
↓

治療中

開咬(かいこう) 治療中
042-460-8421 HOME

天野矯正歯科

パソコン版はこちら

東京都西東京市富士町4-13-25 シーリン東伏見2F

プライバシーポリシー